化粧品の成分に注目すれば美白は叶う!|じっくりケアが大切

婦人

スキンケアと筋トレの関係

鏡を見る人

ハリを保つためには化粧品ばかりではなく、毎日の顔面筋肉トレーニングやマッサージも活用することで、年齢を超えた肌作りに役立ちます。スキンケアを行うときに必要とされている成分を確認することで、より高い効果を実感できるといわれているのは事実です。

詳細

肌を白く保てる

頬を触る女性

紫外線を浴びてしまうと、活性酸素が活発になり、メラニンが発生してしまいます。そのため、肌が黒くなってしまい肌トラブルを引き起こします。それを防ぐために、美白効果のあるスキンケア化粧品で肌のケアをしましょう。

詳細

お腹の膨らみと肌の裂け目

美容クリーム

妊娠してお腹が大きくなると、肌が引き伸ばされて妊娠線ができることがあります。これを防ぐためには、コラーゲンなどが配合されたクリームを妊娠初期や妊娠前から塗り、肌に弾力を与えておくことが大事です。妊娠中は肌荒れを起こしやすいのですが、無添加で刺激の少ないクリームなら、安全に塗ることができます。

詳細

女性ホルモンの乱れ

石けん

肌の特徴とお手入れ

女性も40代になると女性ホルモンのバランスが崩れやすくなり、紫外線の影響などもあってシミ、シワ、たるみなどが目立つようになる方が増えてきます。そこで40代のスキンケアは、その年代の肌の特徴を抑えた化粧品を使用することが必要になってきます。肌機能の衰えが出始めても、ポイントを押さえた化粧品を使用したスキンケアに取り組めば若々しく瑞々しい肌を保つことができます。40代で発生しやすいシミである老人性色素斑は紫外線が原因となるので、外出するときは帽子や日傘で肌を守り、日焼け止めクリームを塗って予防するようにします。老人性色素斑の初期症状や肝斑が既にある場合は、ビタミンC誘導体やハイドロキノンなどの美白成分が効果があります。肌からメラニン色素を排出して美白を目指すのであれば、フルーツ酸などが配合されたピーリング用石鹸が古い角質を除去して肌の新陳代謝を促進します。

美容皮膚科での治療

自分で肌のケアをしてもなかなか改善されないときは、美容皮膚科でシミ治療を受ける方法もあります。美容皮膚科のスキンケアには、フォトフェイシャル治療やレーザー治療があります。フォトフェイシャル治療は、顔全体など広範囲の治療に用いられレーザー治療はシミをかさぶた状にして取り除きます。このことにより、肌全体の美白にも効果が期待できます。化粧品でじっくりケアをするのに比べて、早く効果がでるのが最大のメリットと言えます。40代の肌の衰えの原因は年齢からくるコラーゲンの減少ということもあります。真皮を支えるコラーゲンの減少で、肌の弾力やハリがなくなってシワができてさらにたるみとなってしまうのです。美容皮膚科でのシワやたるみのスキンケアは、シワの治療と同じように、フォトフェイシャル治療やレーザー治療を行って真皮層を刺激してコラーゲンを再生させます。コラーゲン再生には、他にダーマローラーと呼ばれるコラーゲン増殖療法やヒアルロン酸を注入して生成を促進させる方法などがあります。